--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-12-12

PONちゃんヒストリー その2

その1に続いて、PONちゃんがなついてくれるまでの経過を綴ります。

前回は餌でつって、やっと外に出てくれるようになるまでを話しました。
その後は半ば強制的に肩に乗せ、アパート内を(狭かったんですが・・・笑)
あちこち一緒に連れて歩きました。

肩にならせることが目的。

その後は、「一緒にいる」ことに慣れてもらうために自宅にいるときは必ずカゴの外へだし、
水浴びをさせたりテーブルの上で餌をあげたりと・・・
水浴び
一緒にPC


こうして、2.3ヶ月後にはキスさせてくれたり、鼻で頭をかきかきさせてくれるようになりました。
(かきかき。。。この時点では手はやっぱり駄目でした。)
Sin título-2_R
Sin título-1_R

ね、これだけでもすごい進歩でしょ!?
次回は、引っ越しと新しいPONちゃんハウス、妹の登場について。

スポンサーサイト

2010-10-17

PONちゃんヒストリー その1

長女のPONは、2009年9月5日に旦那様が私への誕生日プレゼントとして我が家へお迎えしました。
野生のおかめインコと、人間の手で雛にかえった手乗りでは金額がかなり違います。
日本も同じだと思いますが、フランスの相場は
野生40から60ユーロ
手乗り120から180ユーロ
くらいのようです。

行ったお店では、手乗りの子が1羽しかおらずまた当然ですが野生はすべて成鳥でした。

とにかくあこがれのおカメちゃんが欲しくてたまらず、運命の出会いを信じるがごとく
この1羽をつれて帰りました。
・・・じつは、写真をみればわかると思いますがあるはずのものがないんですよね。
PON1

そう、尾羽がなあああああああああああああああああああああああああい!!!!!

おそらくペットショップもしくはブリーダーさんのところで
かなり汚れていたから切られてしまったんでしょう。かわいそうに。

そして、PONの悲劇は我が家へきて1ヶ月後に起きました。
P1020409.jpg

お店でのいい加減な羽の切り方で、大きい羽(人間では指に当たる大事な羽)が折れて
出血騒ぎ。もともと、人間不信気味だったPONは、動物病院で「手袋をはめてガシッとつかまれる
恐怖からさらに人間に対してさらに恐怖心を持つように。

これからは、かなり大変でした。
少しずつ手になれるように毎日毎日好物を手のひらにのせて・・・
P1020311.jpg

食べてくれるようになるまでかなり時間がかかりました。

P1020346.jpg


ここから、ケージの外へもおそるおそる出るように。

PONちゃんヒストリー その2へ続く



プロフィール

Momito

Author:Momito
フランスに居住、仕事はスペインでというちょっと変わった
環境で生活するごく普通の日本人です。
スペインとフランスの家庭料理開拓中。

趣味は
食べること
おかめインコと遊ぶこと
絵を描くこと
最近はあまりやっていませんが、手芸関連
(こないだ、ネットで見かけた「ニードルフェルト」をやってみたいと考えている今日この頃・・・)
インターネットでぶらぶらすること
等々・・・

最近では必要性に迫られフランス語を猛勉強中。(うそうそ)
性格が適当なので、適当に勉強中といった方がいいかもしれません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。